top of page

ダンスメソッドワークショップ “稽古の言葉”
[オンライン]

ドイツ表現主義舞踊で培われたダンスメソッドを中心に、体の軸、重心、空間を実感しながら動きます。

後半は大野一雄氏の稽古の言葉※を題材に、自分の内面から踊ることを実践します。

 

日時:2024年6月3日(月)19:00~20:30 @大野一雄舞踏研究所

   

参加費:2,000円


参加方法:Zoomを使っておこなうオンラインクラスです。

今回は大野一雄舞踏研究所から配信します。

講師:岡登志子

[講師コメント]

 私は、ドイツで培われたダンスメソッドを通して、身体の中から踊りが生まれ、それが作品になることを教えられました。それは、舞踏家の大野慶人氏が「生きてきた私達の身体そのものが作品であること」と稽古で話されていた言葉を想起させます。自分の身体そのものが作品になる踊りの根源とは何か。ダンスメソッドから学んだことをお伝えすると共に、大野一雄氏の稽古の言葉※を題材に即興的に身体を動かし、根源的に踊りを考えていきます。                                                

岡 登志子

 

(※舞踏のパイオニアである大野一雄氏による著書。『稽古の言葉』フィルムアート社、1997年)

6/3は「稽古の言葉」(大野一雄著)P163「全部静まった中で一人でいる佇まい〜」を使用します。

 本をお持ちのない方は、お申し込みの際にお知らせ下さい。

ご参加をお待ちしています。

​【次回開催予定】 7月

お問い合わせ:

クラス内容、お申し込みについて何かありましたらお問い合わせフォームよりメッセージをお送りください。

​お申し込み後、Zoomのご案内をお送りします。

IMG_2431_edited.jpg

岡登志子ダンスワークショップ

ドイツ表現主義で培われたダンスメソッドを基本に、身体表現者のための基礎訓練を行います。身体の構造をアナライズしながら身体の中心や軸、重力、呼吸、そして空間を実感することで様々な表現への可能性を探るクラスです。

※2~3ヶ月に1度のペースで東京・横浜で開催しているクラスです。現在、アーキタンツ(東京・町田)でクラスを開催しています。

2023祈りの踊りWS©︎三輪岳史2_edited_edited.jpg

岡登志子によるクルト・ヨース・メソッドのコンテンポラリークラス@スタジオアーキタンツ

【日時】

2024年6月2日(日)16:30-18:00 @02studio

 

【クラス内容】

クルト・ヨースの理念に基づき、身体表現者のための基礎訓練を行います。

身体の構造をアナライズしながら、軸、重力、呼吸、そして空間を実感することで

様々な表現への可能性を探るクラスです。

 

【対象とレベル】

中学生以上。初級

 

会場・料金など詳細は、アーキタンツのWebサイトをご確認ください。

過去の実施情報はこちら

bottom of page